第3回 ワークショップ

 

令和2年8月23日 聖蹟桜ヶ丘のマイダンススクールで第3回ワークショップが開催されました。アドバイザーは中井先生ご夫妻、タマオキ先生ご夫妻、杉崎先生ご夫妻、伊藤先生ご夫妻。

 

14時からまず理恵先生の「動ける姿勢とは・・・」前回のその2です。骨盤の中の筋肉の仕組みは・・・股関節のどこに筋肉があり、どのように動いているか(骨格見本を見ながら)。

関節を柔らかく動かすには・・・座って足を開いて動かしてみて・・・わかりやすいお話を体感しながら伺いました。

なるほどプロの先生の動きが大きいのはこの違いもあったんですねぇ。(詳細は構造動作理論を参照)

30分のち、玉置きよ子先生からは、「感覚的ですが身体を3つ上中下に分けて意識してみて。下とは、腰から下、中とは、肋骨のところ、上は肩から手、首、頭の当たりですね。手を挙げるとは、上を動かすのではなく、中、胸を意識して、ググッと肋骨の所から、肘、腕の先を上げるように・・・」腰だけ動く場合、胸から動く場合など、美しく見える動きをいろいろご指導くださいました。

 

両先生のレクチャーで1時間はあっという間に。ちょっと休憩の後、15分ずつ先生を交代して個別レッスンに入りました。1時間に4人の先生からいろいろ指導をもらえてなかなか大変そうでしたが、先生によりポイントの押さえ方が違っていろいろご指導いただけて「こんな話はきいたことがなかったような・・」

 

玉置先生の閉会のご挨拶。次回は9月27日 タマオキトモヒロダンススクール荻窪教室で開催されます。猛暑、コロナに気をつけて楽しんでください。 

 

                    戻る


 第2回 ワークショップ

令和2年7月19日 ダンスジャルダン大森山王ステューディオで第2回ワークショップが開催されました。参加者は12名、アドバイザーは中井先生ご夫妻、タマオキ先生ご夫妻、伊藤先生ご夫妻、渡辺先生の7名。

 

14時からまず理恵先生の「動ける姿勢とは・・・」

体の中心から・・、骨盤の中の筋肉の仕組みは・・・

足の骨格をみると(骨格見本登場)・・・」わかりやすいお話を体感しながら伺いました。(詳細はこちらをご参照)

30分のち、中井信一先生から、アルナス組の踊り方でのステップについて、「骨盤を開くことの大事さを・・・、スピンターンでは、・・・リバースターンでは・・・、体の向きが・・・・」皆様いろいろ試していらっしゃいました。

 

両先生のレクチャーで1時間はあっという間に。ちょっと休憩の後、15分ずつ先生を交代して個別レッスンに入りました。4人の先生からいろいろ指導をもらえてなかなか大変そうでしたが、男性にも女性にも、先生のアドバイスや「腰のここをこうして・・・、頭の位置がここまで・・・、」踊りを追いかけながら押したり引いたり、先生も汗だくのようで、皆さんの熱の入れようが伝わってきました。「メモ帳を持ってくればよかった~」とおっしゃる声が聞こえてきました。

 

                  戻る



 第1回 ワークショップ

 

令和2年6月28日 タマオキトモヒロダンススクール 荻窪教室で 第1回ワークショップが開催されました。参加者は15名。アドバイザーは8名。

体温を測り、アルコール消毒をして、教室へ。まずは玉置きよ子先生のラテンアドバイスから。

全員 周りと間隔をとって先生の方を向いて手を広げて。

「まず、おへそに意識をおいて、体をひねって次のステップに入る時、意識する筋肉はどこですか・・・・」

どこですかね。足でも肩でもなく、・・・きよ子先生の手に注目してください。

 

次に伊藤武先生の、スタンダードレクチャーでは、レッスンに入る前にストレッチ体操を伺いました。しっかりやらないと怪我の元です。意外とハードです。

スタンダードのリーダーとして、パートナーへ次に進む方向をリードする方法について、また、パートナーには、どちらに視線を向けて優雅に踊るかなどいろいろ、ご指導いただきました。皆さん、一層素敵になりましたよ。

 

1時間経ち、2~3名ずつに分かれて個別レッスンに。

皆さん、マスクをつけ、先生のアドバイスを伺いながらポーズをとっていきます。練習は先生の姿を見ながら、先生にみてもらいながら・・・先生も背中を見せたり、生徒さんの向きを直したり。

30分ずつ、メンバーを交代しながら1時間細かいポイントを練習して終了しました。

皆さん、しっかりマスクをして大変そうでしたが、とても楽し気でした。

                       戻る



2020 ハッピーニューイヤーフェスティバル開催


令和2年1月12日 すみだ産業会館 サンライズホールにて

種目数26、参加者総数800組、午前10時から19時過ぎまで、熱戦がくりひろげられました。

種目はラテンとスタンダードに別れ、小学校3年生以下のクラスからダイヤモンドシニアのクラスまで、男子ソロの部、女子ソロの部もあり、参加者は複数参加できるので、参加競技のスケジュールいっぱいに演技を披露しました。

小学校3年生以下の部の参加は、ラテン39組

スタンダード32組、1次予選、セミファイナル、決勝戦と、熾烈な争い。

小学校4年以上の部の参加はなんと、ラテン75組、スタンダード64組。2次予選まであり、背番号を呼ばれても錯綜しそうな戦い。



 

中学生の部はラテン58組スタンダード53組、高校生の部はラテン27組、スタンダード26組。

中学校のクラブ活動として参加する組も多くいました。中学生と高校生の区別は難しいですね。

華麗に踊る中学生、大人顔負けの高校生、見事なパフォーマンスです。


 

種目の中には、一人で踊るソロという種目があります。男子ソロラテンは27名、スタンダードは20名。女子ソロラテンは63名、スタンダードは62名。女子のほうが圧倒的に多いです。一人なので、ボティラインがくっきり、しっかり踊らないとね。相手がいない難しさです。一人でエネルギッシュに爆発しています。


 

ジュニアガールズ ジュビナイルガールズは特に女子だけのクラスです。総勢159組、リーダー、パートナーともに女子ですが、リーダー役も元気いっぱいです。


 

最後はシニアと全員対象のオープン競技です。シニアも、プレシニア、メインシニア、ダイヤモンドシニアと、多数参加、ラテン22組、スタンダード22組、格調高い争いとなりました。


 

オープン戦は年代問わず、決勝には小学生からシニアまで残る激戦です。


 

さて、ラテン、スタンダードの多くの競技の判定をしてくださった先生方です。

 山本千恵子(ケヅカテツオダンスアカデミー) 伊藤肇子(西岡ダンススクール)

 二ッ森由美(二ッ森亨ダンスアカデミー)   海宝真理(海宝ダンススクール)

 青柳朋子(中村俊彦ダンスアカデミー)    清水寿恵(ミヤジマヒデユキダンススクール)

 玉置きよ子(タマオキトモヒロダンススクール)  

椅子も用意されていましたが、すぐ立ち上がって必死で選手を追ってジャッジしてくださいました。どの先生も厳しく暖かい!! 真剣なまなざしで審査。一日中、お疲れ様でした。

チェアパーソン 玉置朝啓  司会 杉崎加代子


 

素敵なトロフィーが用意されていました。入賞された皆様おめでとうございます。


-----《 月刊ダンスビュウ3月号の競技会レポートで、今回のフェスティバルの模様が紹介されています。入賞者の皆さんの写真やランキングも掲載されていますよ。(*^_^*)v    》-----